>  > 理屈はよく分かるんですけど、やっぱり本能かな

理屈はよく分かるんですけど、やっぱり本能かな

あんまり細かい理屈で考えても仕方ないと思うんですよ。特に風俗は自分の性欲というか、男としての本能を満たすべき場所だと思うんです。もはやそこには理屈なんて無用なんじゃないのかなと(笑)楽しみたいからこそ、メカニズムを理屈で考えるのは悪くはないと思うんですよ。自分がどれだけ楽しめるのかロジックで考えるのもそれはそれでとっても有意義なことだと思うんですけど、それよりも本能に任せて、どうあるべきなのかってことを考えるだけでもそれはそれで面白いことなんじゃないのかなって思いますね。だから風俗で遊ぶ時には本能に任せるようにしています。仕事では頭を使っているんです。慣れないことをして頭の中から煙でも出てくるんじゃないのかなって思うようなこともあります(苦笑)だからこそ、風俗のように何も考えずに楽しめる場所では何も考えないくらいの方が断然楽しいんじゃないのかなって気がするんですよね(笑)むしろそれがいいんですよ(笑)

気付いたことがあります。それは自分の好みです

ようやく気付いたことがあるんです。それは自分の好みの問題です。自分がそれまでどういったことが好みなのか実はあんまりよく分かっていなかったんですよね。だって性欲と向き合うようなシチュエーションなんてそうそうないじゃないですか(笑)何となく自分がどういったものが好きなのかくらいは分かっていますけど、じゃあもっと理屈で説明することが出来るのかと言われてもはっきり言って不可能に近いんじゃないのかなって。性癖なんていわば理屈で説明するようなものではないじゃないですか。だからそれを説明しろって言われたとしてもはっきり言って難しいと思うんですよね。でも、風俗で遊んでいる時には自分がどういったものが好きなのかがおぼろげながらも見えてくるような気がするんですよ。自分の好みが分かってくると、じゃあそのためには何が良いのかや、どういったことが自分自身が求めていることなのかって部分まで分かってくるなって。その事実に気付いたんです。

[ 2018-03-24 ]

カテゴリ: 風俗体験談