>  > むしろ自分の中で、大きな存在になりましたね

むしろ自分の中で、大きな存在になりましたね

それまであんまり遊んだことがなかったのもあって、ソープランドには感情移入しようがありませんでした。他の風俗は何度も遊んだことがありましたので、それぞれ自分なりにいろんな気持ちを持っていましたし、もっと遊びたいなとか、ここはこうした方が良いんじゃないかなとか、オプションを活用してみたらもっともっと楽しめるんじゃないかなと言ったように、自分でもいろんなシミュレーションが出来るに至っていました。でもソープランドに関しては遊んだことがなかったので、具体的なイメージそのものが無理だったんですよね。それもあって、自分なりに楽しんでみたんですけど、やっぱりそれはそれで楽しめました(笑)むしろソープランドでのあの時間こそ、自分が求めているものそのものなんじゃないのかなって思いましたね(笑)自分がというよりも、男が求めているものそのものなんじゃないのかなって思ったくらいなんですよ。男の本能に直接訴えかけるという点では最高でしたね。

むしろ自分もどんどん回数が増えているんですよ…

以前は風俗は本当にたまに遊ぶ程度でした。息抜きと言うか、それこそ思いだしたときにたまにってレベルでした。でも、最近はあきらかに回数が増えています。そのまま辞めるって言うか、風俗はもういいかなって思っていた時期もあったんですよ。恋人が出来たのもあって、もういいかなとか思うよりも、そもそも自然と遊ばなくなっていったんですけど、恋人と別れた反動なのか、そこから風俗で遊ぶようになりましたし、回数も増えていったんです。恋人と別れたら、それまで相手がいたことが出来なくなるじゃないですか。精神的にはそんなに寂しくはなかったんですけど、体が寂しかったってことなのかもしれません(笑)だから恋人と別れてから、風俗で遊ぶ回数がかなり増えています。以前からは考えられないんですけど、最近では少なくとも月に一度くらいは必ず遊ぶようにしています。そのくらい遊ばないと欲求不満になってしまうんじゃないのかなって気がするんですよ。

[ 2018-03-21 ]

カテゴリ: 風俗体験談